2013年10月12日 (土) | Edit |
というわけで甲斐駒へ行ってきたのだ。


前回に引き続き南アルプスでございます。
仙丈と同じく北沢峠からの取り付きですが、
今回は長野側、仙流荘駐車場発のバスで。

朝4時半に臨時便が出るとのアナウンスがあり、
5時くらいの便に乗れました。連休ばんざーい。
北沢峠でもそもそとおにぎりを食べてから6時半頃に行動開始。


行程は北沢峠~双児山~駒津峰~甲斐駒ヶ岳~仙水小屋~北沢峠。
双児山を過ぎるとハイマツ帯になり視界も開けますが、
風バーバーで煽られまくり。


駒津峰からは甲斐駒と摩利支天が。
強風のおかげでか、南ア一帯の雲は昼前にはすっかりなくなりました。


花崗岩の白い岩肌を登ってゆきます。
実はこの日地図を車に忘れてきてしまったので、
甲斐駒にも燕岳のような奇岩があったということを
帰宅してから知ったという事実…。


『直登← →巻き道』の分岐。
行く前から巻き道を推しており、この期に及んで
「風が強いから危ない」などとごねて主張していた相方ですが


男は黙って直登しやがってください。
途中、まともに立っていられないくらいの
風も吹いてきましたが無事登頂。楽しかった!


山頂から見下ろす八ヶ岳。
北ア方面は雲が厚かったですが、
中アから南は快晴で富士山もばっちりでした。


帰りは巻き道経由で下山。
真っ白な砂は綺麗なのだけれども、
風で舞い上がって目や口に入るのが地味につらく、
当初立ち寄る予定だった摩利支天はスルーすることに…。

晴天の三連休初日で混雑するかと思いきや、
時間帯のせいかそうでもなかったです。
普通の土曜だった先々週の仙丈の方が混んでいたような。
いつか黒戸尾根からも登ってみたいなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック