--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年06月11日 (土) | Edit |
というわけで八ヶ岳へ行ってきたのだ。(→ヤマレコ
d817.jpg

金曜に休みを取って木曜の夜に出発…のはずが、
相方の仕事が長引くわ、首都高の西新宿JCT通行止めで
大回りする羽目になるわと踏んだり蹴ったりで、
美濃戸口に到着したのは午前3時半…。
6時まで仮眠して、眠い目をこすりつつ
八ヶ岳山荘からスタート。

d754.jpg
美濃戸林道のコンディションは良。
レンタカーなので大事を取ったけど、
これなら擦らずに行けたかな…。
平日にもかかわらず赤岳山荘の駐車場は
ほとんど埋まっていました。

d761.jpg
本日は北沢から。
雰囲気は南沢より好み。

d762.jpg
休憩ポイントの赤岳鉱泉に到着。
白い氷の残骸は、かつてアイスキャンディと呼ばれたもの。
お水を汲ませていただいて硫黄への登りに取りつく。

d767.jpg
森林限界を越えるとまもなく赤岩の頭。
ちょっと雲が上がってきてしまったけれども、
まだまだ八ヶ岳主峰はばっちり。

d768.jpg
ここからは気持ちの良い稜線歩き。

d770.jpg
で、硫黄岳登頂でございます。
思っていた以上に広かった。

d775.jpg
本日のお宿は、鞍部に見ゆる
青い屋根の硫黄岳山荘。

d781.jpg
まだ13時前だけど、本日の行程終了。
かんぱーい。

d782.jpg
担ぎ上げたつまみと三岳のお湯割りで
居酒屋・硫黄岳山荘開店。
17時半の夕食まで小屋周辺を散策したり
昼寝したりのんびりと。
夕方からはガスってしまい日の入りは見られず、
20時の消灯前に就寝。

d786.jpg
明けて翌朝、御来光は4時半。
朝食をいただいてからだらだらと6時半に出発。
ごはんも美味しく、居心地の良い小屋でした。
なによりトイレが綺麗すぎて(無臭)驚愕した。
お世話になりました。

d796.jpg
遠くにひょっこり富士山。
そういえば八ヶ岳で雲海は初めてかも。

d803.jpg
横岳を越えると赤岳がどーん。

d816.jpg
2年ぶりの赤岳山頂。
人も増えてきたので長居はせずに、
小休止ののち下山。

d819.jpg
文三郎尾根の下りは上りよりきつかった…。
久々に膝ガックガクになった。
行者小屋で休憩してから、
だるくて長い南沢ルートで下山したのでした。
お疲れ様でした。

d820.jpg
下山後は温泉で一泊。
別注文の岩魚の刺身となめろうが絶品でした。
そしてこの後、粗相によりポン酢まみれになる
相方なのであった(そんなオチはいらない)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。